尋常性乾癬とは?写真付き解説と今日からできる改善法

尋常性乾癬とは?写真付き解説と今日からできる改善法

尋常性乾癬とは?写真付き解説と今日からできる改善法

 

日本で乾癬と言えばこれを指すほどよく知られる尋常性乾癬は、
患者全体の約9割を占めるとされており、

 

発症すると皮膚にやや盛り上がりのある発疹が現れ、
鱗屑と呼ばれるフケのような角質層がボロボロと剥がれ落ち始めます。

 

 

症状は主に頭皮や肘、膝頭といった何かに触れたりこすれたりしやすい部分に見られますが、
日光にあまり当たらない背中や腰回り、
お尻部分にも発症することがあります。

 

 

発症すると慢性化しやすいのが特徴的で、
症状が進行すると発疹の数が増えて皮疹が広範囲に広がって行きます。
目と唇以外であれば体中の皮膚のいたるところに発疹が現れることがあり、
悪化するとほとんどのケースで爪の変形も見られます。

 

 

尋常性乾癬は、
アトピー性皮膚炎などの他の皮膚病に比べて痒みはそれほど強くありませんが、
症状が悪化したり、治療に使用する薬剤の種類によっては強い痒みを伴うことがあります。

 

 

また、尋常性乾癬の治療で使用する薬剤によって、
乾癬の重症型として知られる膿疱性乾癬を引き起こすことがあるため、
治療の際には注意が必要です。

効果的な改善法とは?

尋常性乾癬を改善する方法として有効なのは、
テアテマンドールという方法がお勧めです。

 

これは、40年以上にわたり、1,000人以上の人たちの乾癬を解消してきた
「三戒堂 水宝」氏が編み出した方法です。

 

薬などに頼らないため、副作用もなく、
非常に効果の高い方法です。

 

実際、医者に「治らない」と言われた方でも、
この方法によって改善した、ということも多く、
「医者でしか見てもらったことがない」という場合は、
ぜひ一度試してみて欲しいと思います。

 

テアテマンドールという方法については、
こちら↓の記事を参考にしてみてください。(1位のやつです)

 

尋常性乾癬に非常に効果の高い「テアテマンドール」とは?

 


トップページ 著者プロフィール 乾癬体験者の声 乾癬を知ろう