乾癬の薬の副作用に恐怖を感じた女性

乾癬の薬の副作用に恐怖を感じた女性

乾癬の薬の副作用に恐怖を感じた女性

 

乾癬では薬で治療する方法があります。
しかし、それには副作用が伴うということを知っておかなければなりません。
今回は、実際にあった事例をお話します。

 

あるリウマチ患者さん(60代女性)は、
「飲むと楽になる」という理由から、ステロイド剤を10年以上に渡り、
飲み続けていました。

 

医者からは、「痛みが人いときにだけ飲むようにしてください」と
言われていたのですが、彼女はいろんな病院に行きステロイドを手に入れていたそうです。

 

 

そんなある日、彼女は風邪をひいて寝込んでしまったそうです。
そのまま具合が悪くなりなくなってしまったそうです。

 

 

ステロイドは確かに
かゆみを抑えてくれたり、見た目がよくなったりするので、
つい頼ってしまいがちです。

 

しかし、
「免疫力が低下する」という副作用があります。

 

それは恐ろしいことに単なる風でも死に至ってしまうほど、
免疫力を弱めてしまうのです。

 

 

※参考:ステロイドの副作用について
 (これは飲むタイプではないです、いずれにしろステロイド剤には副作用があるということです)

 

 

 

ステロイドは、それ以外にも、
副作用として軽いものだと

  • 皮膚が薄くなる
  • 赤ら顔になる
  • 皮膚線条が現れる
  • むくみ
  • 毛深くなる
  • 不眠
  • 満月様顔貌
  • 月経異常
  • 食欲亢進・多汗

などがあります。

 

重いものだと

  • 消化性胃潰瘍
  • 感染誘発
  • 糖尿病
  • 血圧上昇・動脈硬化
  • 精神障害
  • 骨粗しょう症
  • 副腎不全
  • 白内障・緑内障
  • 筋肉低下

などがあります。

 

 

とにかく恐ろしいものだということです。

 

 

乾癬治療の観点から見てもあまりお勧めできません。

 

免疫力が下がってしまうわけですから、
回復力が弱まり、下手するといっそうひどくなる可能性だってあります。

 

 

私がサイト内で紹介している、自宅でできる乾癬改善法は
薬を使わないので、副作用の心配をせずに安心して治療に専念できます。

 

詳しくはこちら↓で紹介していますので、興味があれば参考になさってください。

 

薬に頼らず、安全に乾癬を治療する方法とは?

 

 

ステロイドは使い方を間違うと大変なことになりますので、
使用する際はくれぐれもご注意ください。


トップページ 著者プロフィール 乾癬体験者の声 乾癬を知ろう